無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の18件の記事

2008年10月26日 (日)

予備校の全国模試を受けてきました。2

 本日、大手予備校が主催する全国模試の2回目を受けてきました。

 ある程度、予想はしていたのだが、やっぱりぼろぼろだった。憲法は判例問題が多く、全然分からなかった。判例はテキストや行政書士用の6法には載っていない最近のものが出たりしていて、10問目を解く前にやる気はうせ、帰りたくなっていた。

 そんな気持ちで試験を続けたせいか、行政法がやたらと難しく感じたし、民法では超基本問題を山勘で解くしまつ。一般知識を解いているときは問題用紙を破り捨てたくなっていた。

 結局、またまた、ボロボロな状態で試験を終えた。

 試験まであと二週間。受験する気さえほとんど無くなってしまった。

行政書士試験まであと14日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月23日 (木)

立ち直れない。 (´・ω・`)ショボーン

 この間の模試の結果を見てから3日経つが、今だに立ち直れない。とりあえず、やらないと気になってしょうがないので、勉強はやっているが、頭が拒否している。

 問題文を読んでも、テキストを読んでも頭にほとんど残らない。その為、今まで間違ったことのないような問題まで間違ってしまう。そしてさらに苛立ちが募っていく。まさに負の連鎖状態になっている。

 どうしたらこの状況を打開できるのか本当に分からない。 

 「どこかにドラえもんいないかなあ。ハア~。shockshockshockshockshockshockshockshockshockshockshockshockshockshockshock

行政書士試験まであと17日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月20日 (月)

最低点更新。 ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 先日受けた予備校の模試の結果がやっと届いた。

 予想通り、一般知識で基準点割れ(悪い予想だけはよく当たるな。)。しかも今年に入ってから受けた模試の中で最低点だった。cryingcryingcryingcryingcryingcryingcryingcrying

 一般知識だけでなく、民法、商法もボロボロだった。cryingcryingcryingcryingcryingcryingcryingcrying市販の模試で少しは、いい点が取れるようになっていたので、ほんの少しだけ期待していたのに結局これだ。

 今回ほど自分の馬鹿さかげんに腹が立ち、呆れたことが無い。poutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpoutpout

 「ハア~、気力がわかない、やる気がおきない、立ち直れない。」

 「もうどうしたらいいだよ。2年以上やってこれかよ。くっそ~

 今、一緒に来た受験票を破り捨てるかどうか悩んでる。

現在の心境

落ち込み度 立ち直れない
合格できる自信 -1000000%

行政書士試験まであと20日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月19日 (日)

成績表がこない。

 「予備校の全国模試を受けてきました。1 」で書いたとおり、先日模試を受けてきたのだが、成績表がまだ送られてこない。17日に送られてくるということだったのだが。

 まったく、インターネットの受付サイトといい、試験中の対応といい、試験後の対応といい、ここまで酷いとは思っても見なかった。

 普段、WEBアプリケーション等を作っているのだが、よくこんなインターネットの受付サイトを公開しようと決めたと思ってあきれてしまった。

 かなり有名な大手予備校なのだが、名前で決めるものじゃないということがよく分かった。もう金輪際利用しないし、人にも利用しないことを勧めたいと思う。

 本当は予備校の名前をここに載せたいところなのだが、つまらないクレームをもらって、これ以上ストレスを溜めたくないのでやめておく。

 予備校選びはリスクを踏まえて慎重に!!!

行政書士試験まであと21日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月18日 (土)

今週の行政書士模試5

今週の模試の結果です。

法令等 択一式 5肢択一式 104点 小計135点
多肢選択式 16点
記述式 15点
一般知識等 択一式 5肢択一式 48点 小計48点
総得点 択一式 5肢択一式 152点 合計183点
多肢選択式 16点
記述式 15点

※記述式は答案と回答とを照らし合わせ、キーワード等の一致から主観的に判断しています。

 はじめて合格ラインを超えました。でも、まったく喜べません。今回はたまたま一般知識で信じられないくらい、いい点が取れたのでこんな結果になりましたが、法令科目だけ見ると、前回の模試よりも悪いのです。

 結局、後退したと言わざる得ないでしょう。

 行政書士試験まで後3週間。困ったことに仕事が忙しくなり、ほとんど勉強時間が取れなくなりそうな状況でこれでは、やっぱり今年も・・・・・・・

 「ハア~weepweepweepweepweepweep

現在の心境

落ち込み度 かなり深刻
合格できる自信 0%

行政書士試験まであと22日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月16日 (木)

情報通信どこまで踏み込むべきか?

 行政書士試験の一般知識の試験科目の中に「情報通信」があるのだが、これが結構厄介で困っている。というのも範囲が広すぎるのだ。

 今使用しているテキスト、過去問、問題集に出てくる関係法令が、ざっと見ても次の8つもある。

  • 電子署名法
  • プロバイダー責任法
  • 不正アクセス禁止法
  • 迷惑メール防止法
  • 有線電気通信法
  • 消費者基本法
  • 消費者契約法
  • 電子消費者契約法

 問題に出てきた部分を重点的に勉強するというのも手だが、試験委員もきっとこの辺はチェックしているだろうから、そこを避けてくるような気もするし、裏の裏をかいてそのまま出題してくるような気もする。そうするとやはり一通り学習したほうがよいのだが、かなりボリュームがある。

 今使用しているテキストには「一般知識もおろそかには出来ませんが、一般知識に必要以上に時間をかけてはいけません。」と書いてあるが、これではいやでも時間がかかってしまう。

 本試験にはこの中からせいぜい2、3問しかでないが、政治・経済を捨てているので、何とか情報通信で点を取らないと基準点割れになってしまう。

 私と同じように行政書士試験を目指し、勉強されている方たちはどのように割り切りをつけているのだろうか?

行政書士試験まであと24日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月15日 (水)

余計な勉強?必要な勉強?

 私はフリーでプログラミングをしているのだが、最近は主にWEBアプリケーションのプログラミングをしている。

 WEBアプリケーションとはものすごく簡単に言うと、入力された内容等に合わせてブラウザ(IEやFireFoxのこと)に表示させる内容を変化させることが出来るプログラムのことである。身近なところでいうとブログや掲示板、オークションサイト等である。

 いつも仕事を請け負うときには、画面のイメージ(ホームページ)はお客さんやWEBデザイナーと呼ばれる人たちに作ってもらい、それを頂いて、名前や金額等の入力処理をされた後の処理や画面上動的に変化する部分についてのみプログラミングをしているのだが、今回、成り行き上WEBデザインも手掛けることになってしまった。

 最近はホームページを簡単に作れるソフトウェアがたくさんあるので、これを利用すればホームページの元になっている言語(HTML等)に関してはあまり気にしなくても作る事が出来るのだが、お客さんによっては、このようなソフトウェアの使用を禁止される場合がある。 その際にはノートパッドのようなソフトウェアを使用し、自分で言語を打ち込まなくてはいけなくなる。

 この場合、言語の知識が必要になるのだが、私が身につけている知識は古い。そこで勉強しなおさなければいけなくなってしまった。

 一から勉強をしなおさなければいけないわけではないのだが、行政書士試験の勉強で大変なこの時期、本当は避けたいが、今月中に有る程度の成果を出すよう要望されている以上やらないわけにはいかない。

 受験生としては余計な勉強だし、仕事人としては必要な勉強だし、仕事をしながら試験を受けるものの辛いところだ。

 「うまく、法律知識が抜けないようにしながら、新しい知識をいれられるかな???」

行政書士試験まであと25日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月13日 (月)

カンニングOKの模試?

 前回、予備校の模試を受けたことを書いたが、もう一点非常に腹ただしい事が有ったので書いておきたい。もし、心当たりがある予備校関係者の方が見ていたら改善してほしい。

 試験開始直後は全く、気づかなかったのだが、2時間半位経ったころ一人の男性が席を立ち教室を出て行った。しばらくして戻ってこられたのだが、これを機に結構な人数が教室を出たり入ったりし始めたのだ。記述式問題に取り掛かろうとしていた私は気になりだし「何やってんだ、監督官は?」と思い、前を見たら誰もいないのだ。

 これではカンニングだって何だってやり放題だ。さすがにおしゃべりするような人はいなかったが、問題が思うように解けず苛立っている私には、気になって気になってしょうがなかった。既に説き終わっている方はいいが、私のように悪戦苦闘している人もいるのだ。そんなときにガタガタ動き回られたのではたまったもんじゃない。

 試験終了5分前になって、ようやく予備校の人間がやってきたのだが、いくら模試だからといってもこれは手を抜きすぎではないだろうか?生徒の自主性にまかすのがこの予備校のやり方だと言われればそれまでだが・・・・・。

 有名な大手予備校なので、期待していったのだが問題といい、対応といい、ついでに言えばインターネットの予約システムといい、期待はずれだった。26日にもう一度受けることになっているのだが、これなら一括で申し込まなければよかったと思っている。もう二度とこの予備校で受けることは無いだろう。

行政書士試験まであと27日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月12日 (日)

予備校の全国模試を受けてきました。1

 本日、大手予備校が主催する全国模試を受けてきました。この予備校に通っているわけではないのですが、試験前に自宅ではなく決められた環境での受験を体験しておきたかったので、模試だけ受けることにしました。

 12:40に会場に入ると席は決められておらず、空いている席を使用する形になっていた。もう既に試験の説明が始まっており、遅ればせながら私も解答用紙に氏名等必要事項を記載し、準備をし、試験開始まで心を落ち着ける。

 13:00試験開始。

 1問目から順に解いていき、20問目まで悩みながらもそこそこ順調にクリア。

 「お、これは結構いけちゃうかも。」などと思いながら続けていく。

 30問目を過ぎた辺りからどんどん「たしか、こうだったよな?」と言うようにはっきり答えられない問題にぶつかり、35問目からの会社法では、 「まったく、分からん。」と言う状態になってしまった。多分、会社法は1問あたっていればいいほうだろう。

 5肢択一40問を何とか終え、ここで気持ちを切り替え、多肢選択を解く。それなりに解けたので多分6割以上は出来ていると思う。

 順番的には、この後は40字記述式問題になるのだが、ここで文面構成に悩んで、一般知識が解けきれないと嫌なので、先に一般知識を解く。

 政治、経済の問題も全然分からなかったが、こうなることは最初から分かっていたのでほとんど当てずっぽうで解答。時事問題の介護保険の問題では、

 「介護認定に医者が参加するかどうかなんて知るか?angryangryangry」 「介護サービスの具体的内容なんて知らん。行政書士に何の関係があるんだ?angryangryangry」等と思いながら当てずっぽうで解答していく。

 そして個人情報関連の問題に突入。ここで点数を稼がないと一般知識で基準点割れになってしまう。(模試なのであまり関係ないが。)気持ちを切り替え、問題を解いていく。が、全然分からない。私が今まで使っていたテキストや問題集に載っていない部分からの出題が相次ぐ。だんだんイライラ感が募っていく。

 そんな中、ネットワーク関係の問題の枝の中にワン切りの問題を発見したとき、

 「こんなカビの生えたような問題だしてんじゃねえよ。angryangryangryangryangryangry」と思わず声を上げそうになってしまった。

 結局、一般知識はほとんど当てずっぽうになってしまった。多分、基準点割れだろう。weepweepweep

 この後、40字記述式問題を解いていったのだが、ここでまたまた問題発生。漢字が思い浮かばなかったのだ。仕事上、ほとんど字を書くことをしないせいか、10年位前から簡単な漢字すら思い浮かばないことが結構頻繁にある。今回それが出てしまった。(瑕疵なんて絶対に書けない。)

 1点でも多く稼ぎたいという思いで、恥ずかしながらひらがなで記載した。

 その後、余った時間で問題を見直し、結局、5問も解答を変更して試験が終了した。最終的には

 「やっぱり、駄目だ。」という非常に落ち込んだ気持ちで終了してしまった。

 最後に解説をもらったのだが、結果を知るとますます落ち込みそうなので、怖くて開けなかった。今だに開いていない。そう、私は小心者なのだ。今週末位に成績表が送付されてくるらしいので、それまでは閉じておこうと思っている。

 少し、寄り道をして帰ってきたのだが、家に着いた途端ものすごい疲労感に襲われてしまった。元来、人が大勢いる場所にいること自体、苦手なのだが、久しぶりにそのような場所に長時間いたせいか、結構効いている。

 家で勉強しようと思っていたのだが、今日はもう酒でも飲んで休むことにした。26日にもう一度予備校の模試を受けることになっている。それまでに会社法、一般知識をどうにかしなければ。(多分無理だろうな。)

行政書士試験まであと28日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月11日 (土)

学説問題

 司法書士試験には学説問題といわれるものが出題される。これがどうしても苦手だ。

 元々文書理解が超~苦手なのだが、「この学説の根拠として最も近いものを導き出せ。」というような問題が出題されたとき、ほとんど関連付けられない。

 「だいたい、『もっとも』って何だよ。もっとクッキリ、スッキリさせろよ。」と、思ってしまうのだ。

 平成18年度の試験制度改正から行政書士試験にもこのような問題が増えたような気がするのだが、過去問を解いていてもこの手の問題はほとんど解けたためしがないし、回答を読んでも「何でこういう見解になるの?」と首を傾げてばかりだ。

 行政書士試験ではそんなに問題数が多くないのでまだ他の問題に正解すればカバーできるかもしれないのでいいが(本当はよくないけど)、司法書士試験では結構多く出される年があるようなので問題だ。

 そもそも学説なんて裁判官が参考にする程度のもので、実務を行う法律家にはほとんど関係ないと思うのだが、そんなに重要視するものなのだろうか?

 いろいろ文句を言いたくなるが、司法書士試験に受かるにはこれをどうにかしなければいけない。はてさて、どうしたらいいものやら?sadsadsadsadsadsadsadsadsadsadsadsadsadsad

 

行政書士試験まであと29日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月10日 (金)

行政書士試験まで あと1月。

 ついに行政書士試験まで、あと1月というところまできてしまった。

 本当にもう時間が無いというのに、ここにきてまた成績が落ちてきている。去年、一昨年も今頃は同じような状態だったので別に驚きはしないが、精神的にはかなりめいっている。

 「あ~、進歩のねえ奴。」

 こんな状態でも勉強を続けないことにはしょうがないので続けているが、あと1月、なんとかギリギリのところで支えている心が折れるのが先か、試験日が来るのが先か?

 

行政書士試験まであと30日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月 8日 (水)

一ヶ月の有給休暇???

 「やっぱり、入金が無い。」で書いたが、先月お客さんから約束の入金が無かったので、先月末に確認したところ一部だけ入金してもらい残りは後日連絡をもらうことになった(でも、まだ連絡が無い。)。

 その際、10月に予定していた仕事について確認したところ、エンドーユーザーの都合で11月に延期されてしまった(私はこの仕事を孫請けで行うことになっている。)。

 昨年、別のお客さんだが同じように仕事が延びた。このときは4ヵ月延び、一銭も払ってもらえなかったので、蓄えを食い潰して何とか生き残ったのだが、本当に辛かった。

 今回は10月に予定していた売上をいただける事になったので、一ヶ月の有給休暇をもらったような形になっているのだが、これで安心してしまうと後で痛い目を見る。

 本当に入金がされるかということも有るが、経験上、このようになった場合、後で何かいってくることが多いからだ。

 元請けの会社の担当者は、「エンドユーザーの担当者と話がついているから安心して。」と言っているのだが、エンドユーザーの担当者には当然上司がいる。その人達から命令が下ればきっとすぐに心変わりしてしまうだろう。実際、サラリーマン時代からこのようなことは何度もあった。おかげでお客さんの話を半信半疑でしか聞けなくなってしまった。

 それから、ソフトウェア開発では開発が終盤に差し掛かり、ある程度物が出来てくるとお客さんから追加の要望が出てくることが多い。修正が簡単に出来るものなどは、ある程度やってあげるのだが、大掛かりな修正や新しい機能の追加等は新たな請負ということでお願いするのだが、お客さんによってはここで、今回のように払ったお金のことを持ち出してくる。

 ここで元請けの営業がうまく立ち回ってくれればいいのだが、中にはこちらに押し付けてくる営業もいる。今までに何度もこのような経験をしているせいか本当に気が気ではない。

 11月は試験まで、ほとんど仕事をせず、勉強に専念するつもりだったがこれで出来なくなってしまった。

 行政書士試験まであと一ヶ月、本当ならこんなこと気にせず、勉強に集中したいのだが次々おこる問題で集中力がいつも以上に保てなくなっている。

 「あ~、毎年毎年試験直前になるとなんでこう問題ばかり起こるんだろう。angryangryangryangryangryangryangryangryangryangryangryangry

現在の心境

合格できる自信 -100%

行政書士試験まであと32日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月 7日 (火)

一般常識 - 民法 - 行政法 = 0

 少し前に受けた模試で一般常識が基準点割れしてしまったので、最近少し力を入れていたのだが(個人情報保護法を重点に。)、今日、過去問を解いてみたら、民法、行政法を間違えまくってしまった。しかも以前、解いたときには解けた問題がだ。

 個人情報保護法に関してはそれなりに解けたのだが、これでは点数が上がらない。

 相変わらず、1つ覚えると1つ忘れてしまう。要は今行っている勉強法が合っていないということなのだろう。(それとも年のせいかな?)

 いろんな勉強方法を紹介している本を何冊も読み、試してみたが、結局自分にあったスタイルをいまだに見つけられていない。行政書士試験が目前に迫っているこの時期、勉強方法を見つけている暇は無いので、今のやり方を貫くしかないが、今年も自身を持って試験に望むことはできなさそうだ。

 「那須への旅行で消えていたストレスが、蘇って行く。weep

現在の心境

合格できる自信 0%
試験に対する意欲 ほとんど無しdespair

行政書士試験まであと33日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月 5日 (日)

今週の行政書士模試4

 まだ、那須にいます。したがって今週の模試はお休みします。来週は予備校の模試だ。

 「いいのかな、こんなにお気楽で?」

現在の心境

合格できる自信 0%
試験に対する意欲 ほとんど無しdespair

行政書士試験まであと35日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月 4日 (土)

はぁ~、心が癒される。

 今、那須にいます。

 友人の父親の別荘にお泊りです。

 やさしい日差し、おいしい空気、はぁ~、癒される。happy01

P1010002_2 P1010001  

仕事等のストレスが消えていく。happy01

 そして法律用語、法律要件も頭から消えていく・・・・・・・。coldsweats01

2008年10月 3日 (金)

名ばかりの五肢択一

 行政書士試験の問題数60問中40問が「五肢択一」ということになっているのだが、実際には「正しいものは幾つあるか?」「間違っているものは幾つあるか?」等の正誤問題が結構含まれている。場合によっては4分の1以上この問題だ。

 五肢択一なら必ず答えは1つなので、今ひとつはっきりしないときは他の枝と見比べて正解を導き出すことができるのだが、正誤問題ではこれができない。模試でも大体間違っているのはこの手の問題だ。

 合格者の方や予備校の講師の方から言わせれば、「きちんと知識を見つけていればそんなの関係ない。只のいい訳だ。」とお叱りを受けそうだが、もう2回も落ちている受験生の私としてはこういう問題が減って、合格への敷居が下がることを切に願いたい。

 でも、昨年は合格率が高かったので今年はこのような問題を増やして合格率を下げようとしてくるんだろうな。

行政書士試験まであと38日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月 2日 (木)

浮かばない法律要件

 最近は行政書士試験の記述式の勉強も行っている。

 本当なら法律の知識をきちんと整理できていれば、択一だろうが記述だろうが関係ないのだろうが、いまいち整理できていない私にとっては記述は択一とはまったく異なものになっている。

 今使っているテキストの中で、法律要件や判例の趣旨等を問う問題があるのだが、どうしてもきちんと答えられない。要件が3つある場合、2つしか出てこないとか、判旨の中の肝心な言葉が出てこないのだ。

 例えば「腑款を付すことができるのはどんな場合か?」と問われた場合、「法律行為的行政行為で行政庁に裁量が認められているとき。」というのは出てくるのだが「法令で腑款を付すことを認めているとき」というのが出てこないのだ。多肢選択式なら用語が問題用紙に書かれているので、きっと分かると思うのだが、記述式のように一から文書を書かなければならない問題の場合、ヒントになるものが何も無いのでどうしても思い出しきれない。

 法令の択一式問題の点数をこれ以上上げられそうもない今、記述式記述式をどうにかしなければ。

行政書士試験まであと38日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

2008年10月 1日 (水)

喜べない誕生日

 10月になってしまった。この時期になってもいまだに模試で合格ラインに到達していない。(しかも家で、受けているので何のプレッシャーも緊張感も無いのに。)

 残りの期間、どのように勉強するべきか? 

 新しいことを今からする気はないが、どの科目も足りない気がして不安になっている。

 特に会社法と一般常識の成績が最近あまりよくないのだが、これに力をいれて、民法・行政法の知識が消えても困るし・・・・、どうしたものか?

 もう年も年なので、別にうれしくもないし(逆に苦痛だが。)、自分自身、忘れていることも多いのだが、今月誕生日を迎える。ついに40代に突入だ。

 家族もいないし、彼女もいないので、別に特別何かあるわけではないのだが、友達からメールは来る。2年前に友達に試験勉強していることを言ってしまったせいで(何の試験を受けているかは教えていない。)、去年から「今年も試験受けるの?ま、がんばってね。」というような余計な文言が増えてしまった。そのおかげで、誕生日がますますだ。「あのやろうangry

 今の成績では、来年もこんなメールをもらう羽目になりそうだ。

 とにかく、あと1月ちょっとなんとかしなければ。

行政書士試験まであと39日

にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
BlogPeople「仕事/資格」ブログランキング
ブログ王ランキング

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »